サマーキャンプを行いました

 

7月31日から8月2日まで、2017年度のサマーキャンプを行いました。今年は「応える」~志津川の地を訪れてV~のテーマの下に中1~高2までの32名の生徒と共に南三陸町に行ってきました。1日目に訪問した「慈恵園」では、前もって練習していた曲や郷家先生のバイオリンを披露し、お年寄りの方々と共に楽しい時間をすごしました。
2日目のフィールドワークではホテル観洋の伊藤さん(東日本大震災の語り部)にお話しをうかがいながら南三陸の町の様子(かさ上げされた土地,曲がりくねった道路,高野会館,防災庁舎など)を見てまわりました。実際に知ろうという意志をもって現地を見ることで「復興」についての思いも新たになり,「応える」ためにはまず「聴く」ことが大切だということに気付かされました。南三陸での学びを、さらに広げていこうと感じています。