アジア高校生架け橋プロジェクト留学生がやってきました

 


9月~2月までの半年の間、本校の国際寮に滞在して宮城学院高等学校に通う留学生を迎えました。

Ms.Bea Blianca (通称ベアーさん)と、MsAkmal Hanis (通称ハニスさん)の2人です。

ベアーさんはフィリピン、ハニスさんはマレーシアからやってきました。二人とも国や宗教は違いますが、日本の文化を学ぶため学校生活をスタートさせました。本校生はオンラインEnglish でフィリピンの大学生と英会話をしており、来年度は高校の研修旅行でシンガポール、マレーシアを訪れます。この機会にキリスト教精神のもと様々な文化交流が校内で行われることを願っています