装丁・・・本の顔・・・

 

書店や図書館で本を手に取るとき みなさんはどんな点に注目しますか
本の内容はもちろん大切な要素ですが
何も分からない場合 手に取るかどうかの基準は 意外と見た目だという人 いませんか?

そこで今回の企画展示は 本の装丁です
装丁とは「本としての体裁を飾り整えること」(明鏡国語辞典より)

本にとっては顔となる要素です

図書室にある本の中から 特徴のある装丁の本などを集めました
書架に並んでいると 背ばかりが見えて なかなか顔が見えません
他にもみなさんお気に入りの素敵な装丁の本があれば ぜひ教えて下さい
展示に加えます