中高卒業生が全東北ピアノコンクールで受賞

 

宮城学院中高卒業生で、現在、音楽科ピアノ専攻2年生が、「第62回 全東北ピアノコンクール」で「東北放送奨励賞」を受賞。

「過去2回の出場時には、満足のいく結果を残せなくて…。
プレッシャーに負けない強いメンタルを持って、自分の演奏をしたい!という思いを胸に出場しました」と話した
。受賞の感想を聞くと「多少のミスはありましたが、楽しく弾くことができました。師事する先生や
友人も、本当に喜んでくれて…。特に送迎や食事の準備など、身の回りのサポートをしてくれた両親には、とても
感謝しています。(今回の受賞で、両親に)少しは恩返しができたのかな、と思います」と答えてくれました。

「観客の皆さんに『もっと聴いていたい!』そう言ってもらえるようなステキな演奏ができるよう、これからも
一生懸命練習していきます!」と今後の目標を笑顔で答えてくれました。