本校卒業生がカーネギーホール内のヴェイル・リサイタルホールで演奏

 

宮城学院女子大学とアメリカ・ニューヨークのアレキサンダー&ブオーノ財団との教育提携プロジェクトとして、「カーネギーホール派遣プロジェクト」がスタートします。

このプロジェクトは、本学音楽科の学生にカーネギーホール内のヴェイル・リサイタルホールで演奏する機会を与えるというものです。アレキサンダー&ブオーノ財団の協力で、財団が毎年開催しているコンサートに宮城学院大学の学生が出演します。

その一人に、宮城学院高等学校卒業生の庄子 三未さん(音楽科 器楽コースピアノ専攻2年)が選ばれました。

詳しくはこちら。