留学生「国際交流活動」杜のこども園

 

12月19日、留学生7名が宮城学院キャンパス内の「森のこども園」に訪問し、国際交流活動をしました。

ホールに3学年の園児が集まり、交流会が行われました。留学生は母語であいさつの言い方を教えたり、母国や国旗の紹介をしたりしました。園児から国旗がついたネックレスをプレゼントされた留学生は、とても喜んでいました。この日は昼食もホールで食べましたが、園児たちの食事のマナーの良さに留学生は驚いていました。食後は教室で一緒に遊んだり、園児たちの質問に答えたり、有意義な時間となりました。短い時間の国際交流活動でしたが、留学生と園児が言葉の壁を越えて、共に楽しい時間を過ごしました。今回の国際交流活動にご協力くださいました森のこども園の先生方と園児のみなさん、ありがとうございました。

「パプリカ」の歌に合わせ、一緒にダンスをしました

人なつっこい園児に留学生も嬉しい表情です

園児が描いた国旗を見せてくれました