合唱コンクール

 

11月3日に中学校では合唱コンクールを開催しました。宮城学院中学校の合唱コンクールは生徒たちが自らの手でつくり上げる生徒会行事です。各クラス、自分たちで指揮者・伴奏者を選出し、指揮者・伴奏者を中心に選曲します。その後、ソプラノ、メゾ、アルトのパートごとに分かれ、パートリーダーを決めます。そしてパートリーダーを中心に昼休みと放課後に毎日練習します。音楽科の教員のアドバイスを受け、各クラスごと曲を仕上げていきます。各クラスは学年優勝を目指して、また学年をこえて一番良い合唱をしたクラスに贈られる「校長杯」を目指して真剣に練習をすすめていきます。この取り組みから生まれるクラスの絆や気持ちのこもった合唱が感動を呼ぶ、宮城学院中ならではの行事です。