中学校卒業式を行いました

 

3月17日、第71回の宮城学院中学校卒業式を行いました。

冒頭の聖書朗読では、「私はぶどうの木、あなたがたはその枝である。人が私につながっており、私もその人につながっていれば、その人は豊かに実を結ぶ」というヨハネ福音書の言葉が卒業生に贈られました。

讃美歌の伴奏が流れる講堂の中で、担任の先生から呼名され元気に返事をしました。これが中学校生活最後の呼名です。この学校での3年間を思い出し、多くの生徒が涙を浮かべていました。また卒業式に引き続いて行われた弦楽の演奏では日頃の授業で一生懸命練習してきた曲をバイオリンやチェロで演奏することができました。生徒の皆さんが3年間誠実に学習に取り組んできたことがよく理解できました。本校の建学の精神にもあるように、人類の福祉と世界の平和に貢献する女性を目指して、高校生活でも活躍することを期待しています。