ホーム > 国際理解教育

国際理解教育

 

戦争や貧困、民族間の紛争や環境破壊など、さまざまな課題を抱える私たちの地球。
今こそ、国家という枠組みを超えて地球規模の視点に立ち、解決を図ることが必要となっています。キリスト教教育、早期からの英語教育をベースに、世界の最先端の情報にふれる中で、グローバルな感覚を身につけ、世界に目を向けた人材の育成をめざします。

宮城学院の国際理解プログラム
グローバルスタディーズ

宮城学院の国際理解プログラムは、2004年、NGO「CARA(南アフリカ農村自立協力会)」代表の村上一枝さんとの出会いに端を発します。当時、英語の授業で村上さんの活動に共鳴した高校生が村上さんに手紙を書きました。「西アフリカ、マリ共和国の貧困を救うために、わたしたちも力になりたい」。その後、文化祭での手作り品によるバザーの運営でマリ共和国に識字学校を贈ることができました。その後も支援と学びは続き、2014年には総合学習「グローバルスタディーズ」として体系的な学びの場が与えられました。そして2015年からは、「学びと交流のパート」と「探究学習のパート」の2つのプログラムから成る総合学習として、体系的な学びを実践しています。

学びと交流のパート

NPOやNPOなどの団体で、国際貢献活動に尽力する方々を招いて話を聞くと共に、生徒会を中心とした交流会を開催して、活発な議論を展開しています。

■ NGO「CARA」との学び

CARAはアフリカのマリ共和国で活動しているNGOです。これまで、村上代表からマリの人々の生活や医療の現状を直接聞く講演を重ねて来ました。
2016年は、マリ共和国から現地事業スタッフ、マダム・アワ・ケイタ・カンサイさんをお招きし、学びと交流を深めました。

■ NGO「ルワンダの教育を考える会」との学び

ルワンダの教育を考える会は、ルワンダのジェノサイトから生還を遂げたマリールイズさんが戦争で心身共に傷ついたルワンダの子供達に対して教育の機会を与えるために支援活動を行っているNPOです。マリールイズさんの講演と交流からルワンダの平和的復興について学びを深めています。

■ NGO「ACE」との学び

ACEは児童労働の撤廃と予防に取り組む国際協力NGOです。これまで、フェアトレードの取り組みや、児童労働の問題について学んできました。2016年にはノーベル平和賞を受賞されたカイラッシュ・サティヤルティさんをお招きし、全校生徒が参加し、講演会を行いました。

■ NGO「Planジャパン」との学び

Planジャパンは、貧困の中で困難に直面している女の子に教育を与える援助を行っている国際NGOです。マララ・ユスフザイさんのメッセージと共に、生徒と学びを深めています。

探究学習のパート

学びと交流のパートで学んだことから問題を見いだし、その原因や解決策に対して仮説を立て、論証し、結論を導き出す学習を行っています。

■ ポスター発表会

探究学習の途中段階で、ポスター発表会を行います。1クラスを8グループ程に分け、総勢30数グループでポスター発表会を行い、教員審査団と異学年の生徒が審査や助言を行います。グループは助言を受けて、自分たちの研究をより良くしていきます。

■ プレゼンテーション発表会

ポスター発表会で選ばれた各クラスの代表チームが、パワーポイントを用いたプレゼンテーション発表会に挑みます。

ページ先頭へ