宮城学院中学校高等学校

卒業生・進路情報

卒業生・進路情報

活躍する卒業生

今をいきいきと生きる卒業生に、学生時代の体験談と現在について話を聞きました。

小澤 芙美さん

国連世界食糧計画(WFP)勤務
ファイナンスオフィサー
小澤 芙美 2004年3月卒業

自ら道を切り開く感覚を
大いに育んだ高校時代。

宮城学院では自立心を持ち、自らの道を切り開いていく姿勢、最後までやり遂げる強さを学びました。海外・国内での勤務を経て、現在は国際連合機関のひとつに勤務していますが、高校時代に培った自立と協調の精神はしっかりといかされています。国際機関で世界のために働くという高校時代からの目標の入口に立つことができた今、キャリアと家庭の両立など悩みは尽きませんが、これからも様々なことに挑戦し続けていきたいです。

武田 真由子さん

青山学院大学
コミュニティ人間科学部 進学
武田 真由子 2019年3月卒業

今の自分につながる先生方の支え。

東日本大震災をきっかけに興味を持った地域活性化。高校時代も地元石巻で地域活性化の活動をしていましたが、より専門的に学べる大学への進学を決めました。現在は大学に通いながら、「認定NPO法人カタリバ」のインターンシップに参加しています。今ここで活動できているのも、高校時代の活動を先生方が応援してくださったおかげ。今後はさらに視野を広げ、最終的には石巻の活性化に関わる活動をしていきたいと考えています。

渡邊 夏希さん

日本航空 勤務 客室乗務員 渡邊 夏希 2015年3月卒業

留学を通して学んだ自立の精神と行動力。

私は高校2年生の時に、広い視野で世界を見てみたい、自分の可能性を広げたいと思い、1年間休学をして留学しました。自分の意思で決断し、行動できるようになったことは大きな成長です。現在は客室乗務員として勤務。お客さまに機内で安全に、快適にお過ごしいただけますよう乗務しています。「神は乗り越えられない試練は与えない」。キリスト教教育の中で得たこの言葉が、今も私を支えてくれています。

上に戻る