宮城学院中学校高等学校

教育

教育

探究型国際教育(グローバルスタディーズ)

探究型国際教育

本校ではキリスト教教育と英語教育を土台に、「学びと交流のパート」「調べ学習のパート」「探究活動のパート」というプログラムを通して、国際感覚を身につけ、課題解決に向けて行動できる力を養います。

  • Point.1

    本校の建学の精神に基づき、隣人に奉仕し導くリーダーシップを育てるために、中高6年間を通して国際理解について学ぶ総合学習プログラム「グローバルスタディーズ」を行います。
  • Point.2

    中学生・高校生対象の「学びと交流のパート」では、本校が支援を行ってきたNGO団体の講演、交流会、ワークショップなどを開催。中学生対象の「調べ学習のパート」では、グループに分かれて調べ学習を行い、調べた内容をスライドにまとめて発表します。また高校生対象の「探究活動のパート」では、グループでテーマに基づく探究活動を行い、プレゼンテーション発表会を実施します。

宮城学院の国際理解プログラム
探究型国際教育(グローバルスタディ−ズ)

このプログラムは、2004年、NGO「CARA(西アフリカ農村自立協力会)」代表の村上一枝さんとの出会いから始まります。当時、英語の授業を通じて村上さんの活動を知った生徒が「私たちも西アフリカのマリ共和国の貧困を救うため、力になりたい」と村上さんに手紙を書きました。その後、文化祭で手作り品のバザーを運営して、マリ共和国に識字学校校舎を寄贈。長年支援と学びは続き、2014年に総合学習「グローバルスタディーズ」として、国際理解について学ぶプログラムに発展しました。

中学生・高校生対象 SDGs(持続可能な開発目標)を通した学び

現在「世界の中の日本~SDGsの視点をふまえた学びとして~」をテーマに、世界の様々な課題について理解を深めています。

SDGs

調べ学習のパート(中学生対象)

SDGsの17の目標より、自分の興味に合わせて調べ学習を行います。タブレットを活用することでICT機器の使い方、情報活用のスキルも学びます。年度末にはグループ単位でグーグルスライドによる発表を行うことでプレゼンテーションの実践力を養いながら、学習の成果を共有します。

探究活動のパート(高校生対象)

SDGsの17の目標に関して自ら課題を見出し、その解決に向けた仮設を立て、検証し、結論を導き出すといった探究活動を行います。発表会では、互いの発表を評価したり、教員による審査を受けたりと、より高度なプレゼンテーションの実践力を養います。

中学SDGs発表会

学びと交流のパート(中学生・高校生対象)

NPOやNGOなどで国際貢献活動を行う方々の講演を開催。また生徒会を中心に交流会を開き、世界の様々な課題について話し合います。

これまでご協力いただいた方々

  • NGO CARA(西アフリカ農村自立協力会)
  • 世界の子どもを児童労働から守るNGO ACE
  • 忍足謙朗氏(国連世界食糧計画元アジア地域局長)
  • 由佐泰子氏(国連世界食糧計画勤務、本校卒業生)
  • 安田菜津紀氏(Dialogue People)
上に戻る