宮城学院中学校高等学校

教育

教育

国際理解教育

国際理解教育

本校ではキリスト教教育と英語教育を土台に、「学びと交流のパート」「調べ学習のパート」「探求学習のパート」というプログラムを通して、国際感覚を身につけ、課題解決に向けて行動できる力を養います。

  • Point.1

    本校の建学の精神に基づき、隣人に奉仕し導くリーダーシップを育てるために、中高6年間を通して国際理解について学ぶ総合学習プログラム「グローバルスタディーズ」を行います。
  • Point.2

    中学生・高校生対象の「学びと交流のパート」では、本校が支援を行ってきたNGO団体の講演、交流会、ワークショップなどを開催。中学生対象の「調べ学習のパート」では、グループに分かれて調べ学習を行い、調べた内容をスライドにまとめて発表します。また高校生対象の「探求学習のパート」では、グループでテーマに基づく探究活動を行い、プレゼンテーション発表会を実施します。

宮城学院の国際理解プログラム
グローバルスタディ−ズ

このプログラムは、2004年、NGO「CARA(西アフリカ農村自立協力会)」代表の村上一枝さんとの出会いから始まります。当時、英語の授業を通じて村上さんの活動を知った生徒が「私たちも西アフリカのマリ共和国の貧困を救うため、力になりたい」と村上さんに手紙を書きました。その後、文化祭で手作り品のバザーを運営して、マリ共和国に識字学校校舎を寄贈。長年支援と学びは続き、2014年に総合学習「グローバルスタディーズ」として、国際理解について学ぶプログラムに発展しました。

中学生・高校生対象学びと交流のパート

NPOやNGOなどで国際貢献活動を行う方々の講演を開催。また生徒会を中心に交流会を開き、世界の様々な課題について話し合います。

NGO「CARA」との学び

CARA(カラ/西アフリカ農村自立協力会)とは…
西アフリカのマリ共和国で村の開発や農業、教育などを支援しています。

代表の村上さんを招き、マリで暮らす人々の生活や医療の現状などを直接聞く機会を設けてきました。2016年にはマリから現地事業スタッフのマダム・アワ・ケイタ・カンサイさんを招き、学びと交流を深めました。

NGO「ACE」との学び

ACE(エース)とは…
児童労働の撤廃と予防に取り組む国際協力NGOです。

ACEの活動を通して、フェアトレードの取り組みや児童労働の問題を学んできました。2016年には、ACE立ち上げのきっかけとなったノーベル平和賞受賞者のカイラシュ・サティヤルティさんと、本校OGでありACEで活動している白木朋子さんを招き、講演を行いました。

近年の講演者

2018年度 忍足謙朗「食糧を届ける〜貧困、災害、紛争の中で」

30年以上にわたって国際連合に勤務し、1989年からは国連世界食糧計画(World Food Program)に勤め、特に紛争地、自然災害地などで緊急食糧支援を行う。2015年から日本で活動を始めて、国際協力に興味を持つ若い世代の育成に力を入れている。

2019年度 由佐泰子「あなたもわたしも隣人—私たちができる世界の飢餓撲滅への貢献」

仙台市出身。宮城学院中学校・高等学校卒業。国連世界食糧計画(World Food Program)マラウィー事務所で学校給食担当官を務める。

<後輩へのメッセージ> 中高時代に培った行事運営のノウハウやリーダーシップは現在の仕事上でもとても役に立っています。高校在学中、飢餓についての講演を聞いたことから貧困問題に興味を持ち、大学では開発経済学を専攻し、現在も人道支援・開発分野で働いています。

中学生対象(中1・中2・中3)調べ学習のパート/ポスター発表会

調べ方、内容のまとめ方、発表の仕方の講習を受けたあと、グループごとに分かれて調べ学習を行います。調べた内容を模造紙にまとめ、クラスごとに発表会を行います。他のグループの発表を聞き合うことで、多様な国際問題を知る機会ともなっています。

高校生対象(高1・高2)探究活動のパート/ポスター発表会と プレゼンテーション発表

「学びと交流のパート」で学んだことから国際的な課題を見いだし、その原因や解決策に対して仮説を立て、論証し、結論を導き出す学習を行います。ポスター発表会を経て選ばれた各クラスの代表チームは、グーグルスライドなどを用いてプレゼンテーション。取り組みの一部は「知ることから始まる難民問題」として、JICA(国際協力機構)の広報誌『mundi』(2017 June No.45)に紹介されました。

上に戻る