宮城学院中学校高等学校

教育

教育

英語教育(高等学校)

概要

英語教育

本校は1886年の創立以来、多くのアメリカ人宣教師が生徒に英語や聖書を教えてきました。そのため、話す力をつける英語教育には長い歴史があります。グローバル化が進む今、本校では「本当に使える英語力の習得」を目指します。

グローバル化に対応した英語教育

新大学入試で評価されるのは「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能。そこで本校では、大学入試の変化に対応するとともに、将来世界で活躍できる人材を育成するため、中高一貫校の利点を活かした英語教育を行っています。特にE-Jr.では、「聞く」「話す」力が圧倒的に向上するカリキュラムを実施。高校ではグローバルコミュニケーションコースに進学し、将来英語を使った仕事に就くことを視野に入れたハイレベルな英語教育を受けることができます。

  • Point.1

    「聞く」「話す」「読む」「書く」の4 技能に重点を置いた英語教育を実施。ス ピーキング試験対策として、ネイティブとの1対1英会話「Online Speaking Training」を受講します。
  • Point.2

    短期から長期まで、様々な留学プログラムを用意。
  • Point.3

    様々な国籍の留学生を受け入れています。日本にいながら、グローバルな環境の 中で高校生活を送ることができます。

「読む・聞く・話す・書く」の4技能

グローバル化が進む中、今後は「読む(リーディング)」「聞く(ヒアリング)」「話す(スピーキング)」「書く(ライティング)」という4 技能のバランスがとれた総合的な英語力がますます必要とされています。大学入試においても、多くの大学が民間の資格・検定試験を活用し4 技能を評価するようになってきました。

宮城学院中学校・高等学校では
4技能を高めるオンライン英語プログラムをいち早く導入!

創立以来135年、宣教師の先生方を中心にコミュニカティブな英語力を重視し、最先端をいく英語授業を進めてきた宮城学院。中学校・高等学校では、新たな「大学入学共通テスト」を見据え、すべての生徒に向けて4技能対応型の授業を展開。なかでも、スピーキング・リスニングに特化した2種類のオンライン英語プログラムを、いち早く授業に取り入れているのが特徴です。

- Online Speaking Training -

中学生・高校生向けに開発されたオンラインの英語スピーキング・プログラム。 Skypeを利用して、英語圏であるフィリピンの語学学校の優秀な英語教師と、30分間、1対1でオールイングリッシュによるスピーキング訓練を行います。

2021年度現在、中学校および高等学校の全学年において必修となっています。

Online Speaking Training

- Linc English -

音声を通してリスニング、速読・読解力をつけながら文法・語彙力をつけていく、ドリルスタディ形式のオンライン学習教材を使用。音声CD230枚分に入った27,324題という膨大な演習問題を学習することにより、英語4技能に対応した総合的な英語力を身につけます。2017年度現在、中学生・高校生ともに必修のカリキュラムです。

【Linc English】

クラスによる対応表

    オンラインスピーキング
トレーニング
リンクイングリッシュ
中学校 2教科(国・算)型入試入学生徒
英語入試入学生徒(E-Jr.) ×
高等学校 総合進学コース
グローバルコミュニケーションコース
特別進学コース
選抜コース

◯・・・必修 ×・・・実施せず

海外留学生の受け入れ度

海外留学生の受け入れ

帰国生・留学生の受け入れを積極的に行っております。生徒は学内の国際寮で共同生活を送ります。多様な国籍の生徒と同じクラスで生活し、日常的な異文化交流体験を通して、グローバルな感覚を身につけることができます。

Voice

新大学入試・英語科の対応

英語の4技能の中で、日本人が最も苦手とするのは「話す」ことでしょう。大学入試においても2020年度より、「話す」を含めた4技能が民間試験を通して問われることになります。中学校では全員がベネッセが開発したオンラインスピーキングプログラムを行い、スカイプを通してフィリピンの英語の先生と1対1で英語を「話し」続けるトレーニングを行っています。高校でもすべてのコースでこのトレーニングを行っています。

さらに、中学校では英語入試で入学した生徒(E-Jr.)は週4時間ネイティブ教員によるAll English の「話す」授業があります。高校のグローバルコミュニケーションコースでも、高1~2では週3時間、高3では5時間以上All Englishでのプレゼンテーション・ディスカション中心の授業があります。 宮城学院では、英語の基礎を大切にしつつ、「話す」環境をしっかり整えています。

英語科主任 牧田先生

Online Speaking Trainingについて

Skypeを使った授業ではネイティブの先生と1対1なので最初は緊張や不安もありました。
ですが何度か授業を受けて慣れてくると自分の考えを自分の力で相手に伝えられることができるようになりました。最近では先生と授業内容以外の日常的な会話も楽しんでいます。この授業では英語力がどれだけ身についているのかを実感できるので、自信にもつながります。今となっては自らの実力試しの時間であり、楽しみの一つでもあります。

高校2年生

上に戻る