3月2日 第72回 高等学校卒業式が執り行われました

 

3年間を仲間とともに過ごした教室で、放送による卒業式となりました。
讃美歌と校歌は、オルガンが奏でる温もりある音色に耳を傾け、心のなかで歌詞を合わせました。はなむけの言葉や送辞、答辞は、込められた思いがより深く染み入りました。
3年間または6年間、日々お支えくださった保護者の方々にご参列いただけなかったことは残念でなりませんが、改めて感謝申しあげます。
卒業生のみなさんと一緒に過ごした日々は、思い出とともに宮城学院の糧となりました。卒業生のみなさん、『神を畏れ、隣人を愛する』人として大きく羽ばたいてください!