「オンライン授業」が河北新報に紹介されました

 

 
河北新報に本校の「オンライン授業」の記事が掲載されました(5月16日㈯朝刊)。
 ご家庭などで河北新報をご購読されている方は、ぜひご一読ください。
 
 現在も「オンライン授業」を継続しておりますが、授業だけでなく毎朝の礼拝やホームルーム、学年集会などもオンラインで行っています。5月18日㈪からの担任の先生との個人面談も、放課後の時間を使ってオンラインで行います。
 対面での授業の再開を心待ちにしながら、そのための準備を一歩一歩進めているところです。4月末より全授業をオンラインで行っているため、今後、万が一、コロナウイルスの第2波、第3波により再度休校になっても、生徒の皆さんの学びの継続を保証できることは一つの強みと言えます。
 
 宮城学院は創立134年の歴史と伝統を大切にしながら、新しいことにも挑戦していきます。