宮城県NIE研究大会で『長崎新聞』作成の取り組みを報告

 

11月9日(水)本校のランディス館ホールを会場として平成28年度宮城県NIE研究大会が開催されました。 大会では本校教諭丸山仁が「宮城学院中学校におけるNIE活動を取り入れた平和教育~『長崎新聞』作成にいたる一連の取り組み~」と題して実践報告を行いました。 本校では中学校3年生で長崎へ校外研修旅行に出かけます。その研修のまとめとして一人ひとりが発行するものが『長崎新聞』です。 実践報告では中学校2年生の河北新報本社への職場訪問からはじまる実質1年以上にわたる取り組みを紹介しました。報告では中学2年生・3年生の生徒による発表も行われ、生徒たちの生の言葉で学びの成果が語られました。 なお当日の模様は翌日の河北新報朝刊(2016年11月10日付)でも紹介されました。