第1回リトリート・デーを開催しました(中学1年生)

 

7月14日(火)午後に第1回リトリート・デーを開催しました。学院長の嶋田順好先生から『「隣人を愛する」ということ』と題してお話をしていただきました。この学年行事は、宮城学院の「建学の精神」(神を畏れ、隣人を愛する)を学ぶこと、講演やディスカッションを通して自分自身のあり方を考えること、を目的として開催しているものです。
今年度は新型コロナウイルス感染症対策のため山形羽黒山でのキャンプという形での開催ができなかったことが残念でした。宮城学院中学校で学ぶことの意味を考える貴重な機会となったと思います。